2012年01月07日

感謝とともに

あけましておめでとうございます。本年は穏やかな一年となることを心より祈っております。

さて、誠に勝手ながら、このたび本ブログ「ため息のゆくえ」をおしまいにすることにしました。
長い間このブログを読んだ下さった皆さま、コメントをして下さった皆さま、本当にありがとうございました。
皆さまからの励ましがあったからこそ、ここまで続けてこれたのだと思っています。心から感謝しています。
これからも自分なりにコツコツとあきらめずに英語道を歩いていきたいと思います。

本当、本当にありがとうございました!

感謝の気持ちを込めて。

バナナマフィン

posted by バナナマフィン at 21:38| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ことりっぷさん、ありがとう

今まで海外旅行に行くときは「るるぶ」を買うことが多かったが今回は趣向を変えて「ことりっぷ」を購入してみたがこれが大正解だった。コンパクトなので持ち運びしやすいし、地図がとてもわかりやすい。マドリードでもバルセロナでもこの地図にはお世話になりっぱなしだった。以前は地球の歩き方を買っていたこともあるが、私のような素人にはベーシックな情報だけで十分なことがわかった。そうそう、レストランを選ぶ時もことりっぷを参考にしたが全部大当たりでとても良いお店ばかりだった。今回の旅で私はすっかりことりっぷファンになってしまった。

いろいろなことがあった2011年も今日で終わり。みなさん、今年もコメントありがとうございました。皆さまにとって素敵な2012年になりますように。


DSC00927.JPGDSC00894.JPGDSC00931.JPG
posted by バナナマフィン at 17:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

クイーンの旦那はキングではない

ホテルでBBCを見ていたら、プリンスフィリップが緊急入院したという報道があった。フィリップ王子って誰だっけ?確かチャールズの息子はウィリアムとハリーだし、誰のことをいっているのかしらと思ってテレビを見ているとエリザベス女王の姿がでてきて明らかにエジンバラ公、つまりエリザベス女王の旦那さんだということがわかった。日本語ではフィリップ殿下という敬称が使用されていたが英語ではプリンスフィリップと表現されていた。何となくクイーンとキングはペアで使用するのかと思い込んでいたが、そうではないことがわかった。キングかクイーン、どちらかしか存在しないのだ。でも90歳でもプリンスと呼ばれるなんて少し不思議。
posted by バナナマフィン at 05:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

バルセロナは少し怖かったりする

マドリードからバルセロナまではrenfeと呼ばれる鉄道で移動し、無事に到着した。マドリードより少し気温が高く、とても過ごしやすい。楽しみにしていたグエル公園からの眺めに感動してついつい、気が緩んでしまったのかもしれない。帰りのバスの中で友人がスリに遭い、新品のデジカメを盗まれてしまった。ここは外国なんだ、常に注意をしなければいけないと、改めて気付かされた。旅を楽しむためにはまず自分がしっかりしなければ。幸い友人は保険に入っていたので補償を受けることができそうなので私も一安心した。旅もあとわずか。気を引き締めて楽しもう。
posted by バナナマフィン at 05:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Merry Xmas from Madrid

最近恒例になりつつある年末プライベート旅行でスペインに来ている。幸い今のところお天気に恵まれとても気持ちのいい空気を感じながらマドリードの街を歩き回っている。当たり前といえば当たり前だけどここはスペイン語圏。思ってもみないことでとまどっている。例えばミネラルウォーター。こちらはガス入りのお水のシェアがとても高く、何も考えずに買うとガス入りのお水を買ってしまう確率がとても高い。こちらに来てまずそれで失敗したので次は気をつけようと思ってスーパーで買ったら今度はフレーバー付きの甘いお水でびっくりした。表示されている文字を読みたくてもスペイン語だからさっぱりわからない。結局少し高いエビアンを買うはめになってしまった。多少勉強してくればよかったと思ってももう遅し。言葉がわからないって恐ろしいわ。
posted by バナナマフィン at 04:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

集う会

通訳スクール時代の友人たちと集まった。こういう表現がよろしいかどうかわからないけれど、恐ろしいくらい楽しかった。とにかくすごいメンバー。全員第一線で活躍している通訳者、翻訳者がずらり。そして相変わらず皆さん向上心のかたまりで、未だに次から次へと様々なことにチャレンジしている。私なんて本当にまだまだお尻に殻がついたヒヨっこだわ、と改めて思った。こういう人たちと共に学ぶことができたことを誇りに思う。そして10年以上経ったいまもこうして集まることができてとても嬉しい。今回は私が幹事を担当したけれど、幹事冥利に尽きました。今年最後の忘年会を最高の仲間と共に過ごすことができたことに感謝!
posted by バナナマフィン at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

通訳ガイドさんを尊敬する

先日なぜか突然日本酒の製造過程見学ツアーに参加することになった。最初はガイドさんが英語で説明をしてくれるという話だったので油断していたら、直前に日本人参加者の方が多いのでガイドさんは日本語で説明し、我々が通訳する、ということになった。日本酒か…。社内で通訳をしていると絶対的にビジネス関連用語がメインになるのでこういった日本文化の知識を必要とする通訳は結構苦手だったりする。慌ててそれらしい用語をピックアップしてもなんせ付け焼刃だからすんなりでてこない。酒粕(sake lees)、もろみ(main mash)、麹(rice malt)それから大桶(vat)などなど。通訳ガイドさんはこういったことも学んでガイドしているんだろうなあ、と改めて尊敬した。
posted by バナナマフィン at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

カミカミスピーチ

人前での通訳が苦手である。スピーカーと共に壇上に上がっての通訳なんて大嫌い。人に見られていると思うだけで緊張してしまい、ただでさえパフォーマンスに自信がないのに余計萎縮してしまう。でもそういう機会は度々ある。先日上司がある大きめの会議で壇上に上がり簡単なスピーチをすることになり、私も舞台の上に立った。今までの経験から、スピーチのときは少しゆっくりめに、声のトーンを落としたほうがよいとわかっていたのでその点に注意して通訳をしたら、後からとてもよかったとおほめの言葉を頂いた。あ〜よかった、と安心したのもつかの間、その後ある現場で500人以上いる人たちの前でのスピーチ通訳をすることになった。前回同様、慌てずゆっくり話そう、と思ったけれどやっぱり大勢の人が沢山いる前での通訳は思った以上に緊張するものらしい。スピーチの冒頭でいきなり「本日は大変よろ、よろ、よろ、喜ばしく思います。」とおもっきり噛んでしまった。しまったあ、と思っても後の祭り。でもここでくじけてはいけないのでとにかく最後まで頑張った。人前に出ての通訳は慣れが必要だと痛感する。もう少し数をこなせば落ち着いて話せるようになるのかな。
posted by バナナマフィン at 09:13| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

Loukoum

本当に久々に展示会のお仕事をした。展示会なんて何年ぶりだろう。展示会は体力勝負だが、最近すっかり体力に自信がなくなってきた私なので朝ご飯をしっかり食べ、ペタンコ靴を履き、カバンにはチョコと飴を忍ばせて出陣した。実際現場では着席することができたので体はそれほどしんどくなかったけれど、あの独特の雰囲気にちょっと気後れしてしまった。タイトルは最終日にギリシャの出展者からお礼としてもらったもの。でもパッケージをみてもなんだかわからない。開けてみても…よくわからない。これは食べ物なのだろうか??Googleであれこれ調べたら、どうやらトルコのお菓子だということがわかった。どうしてギリシャの人がトルコのお菓子をくれるのかよくわからないけど、でもこうやって違う現場に行くといろいろ新鮮な出会いがあるのは楽しい。
posted by バナナマフィン at 20:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

アメリカ人だって間違える

以前にオーストラリアに滞在していた時、友人が私に電話をかけてきた。私のハウスメイトが電話をとり、私の友人に“who are you after?”と言った。普通だったらwho are you calling?とかwho would you like to talk to?とか言いそうなものなのに、イギリス英語の影響を強く受けているオーストラリアではこういう言い方をするらしい。こんなことを突然ふと思い出したのは先日の電話会議でちょっと面白いことがあったからだ。イギリスチームとの会議を始める際、まずは簡単な自己紹介からスタートした。アメリカ人の場合、自分の担当部署を言う場合、I am in charge of〜 とかI am responsible for〜という表現を使うことが多いが、イギリスチームはin charge of の代わりにlook afterというフレーズを使いI look after〜といった。そうしたらそれを聞いていたアメリカ人が「今さあ、ヘリコプターって言った?」と突拍子もないことを言った。どこをどうしたらlook afterがhelicopterに聞こえるのかは全く理解不能だけれども、それは別としても外人だって聞きなれない表現が出たら聞き間違えをするんだ、というのがわかって私は少し安心したのだった。(でもヘリコプターはやっぱり理解できない)
posted by バナナマフィン at 00:58| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

メモ帳のTPO

私はケチである。だからメモ帳の使い方もセコい。できれば裏紙を使いたいし、まっさらな紙だったら表も裏も使いたい。以前は社内では専ら裏紙を使用していたが、最近はコスト削減で両面印刷がデフォルトになってしまったため現在はコピー用紙をバインダーに挟んで使用している。外部のお仕事の時は普通のノートを使うことが多い。らくがき帳も試してみたが、表も裏も使用したいと思うと割と使いにくかったりする。なんだかんだいって普通のノートが一番使いやすいのかな〜と思ったりするが、普通のノートだと立った姿勢でメモをとる際にノートを開き、折り返し、こちら側とあちら側とひっくり返しながら使用するため、私のメモが相手に見えてしまうという欠点がある。ご存じの通りメモは美しくないし、私は三色ボールペンを使用しているため、それも赤から使用し始めるため、初めてみる人は赤い文字で殴り書きしてあるとギョッとしてしまうかもしれない。いや相手は通訳者のメモなんか全然気にしていないよ、という気もするがたとえば壇上でのスピーチの通訳をする場合は目立ってしまう可能性がある。でも外出先ではノートが軽いし両面使いやすいし非常に便利。でも人前に立つときは多少見栄えも気にしたほうがいいのかもしれない。メモ帳も使い分ける必要はあるのだろうか。う〜ん、難しい。
posted by バナナマフィン at 08:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

Sarah's Key

私の上司は読書家でアメリカに戻るたびに山のようにペーパーバックを買ってくる。彼女は私も読書が好きなのを知っているので読み終わると何冊か私に持ってきてくれる。しかし洋書というのは結構曲者で読める本と読めない本がある。先日映画にもなったKazuo Ishiguroの「Never Let Me Go」を読み始めたが一向に進まず途中でやめてしまった。(そうだ、私は以前「The remains of the Day」も挫折してしまったのだった…)それからしばらく洋書から遠ざかっていたが週末に彼女がくれた別の本「Sarah's Key」を読みだしたら止まらなくなって週末に一気に読んでしまった。久しぶりに本の世界にすっかり入り込んでしまう感覚。とても心地よかった。
posted by バナナマフィン at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

スリルとサスペンスに満ちた電話会議

先日ノンネイティブがメインの会議についてコメントを書いたが、本日も朝っぱらからメキシコ人、インド人を中心にした電話会議があった。この電話会議は毎回ドキドキする。日本からの参加者が非常に頭がよい人でとても鋭い質問をしたり、相手に対してしっかりした対応をする人なので、きちんとした通訳をしないと彼に対して申し訳ないからだ。…しかし、わからないものはわからない。本来通訳とは想像力を駆使するような仕事ではないはずなのに聞こえた単語を使って何とか文章としてつなぎ合わせようと必死になる。ときには半分賭けのような状態で「〜ということになっております。」と私が言った後に彼が「やっぱりそうだよね。」と反応すると、よかったあ、当たってた!と心の中で胸をなでおろすというオーディエンスには口が裂けてもいえないような綱渡りの訳をすることもある。今回は2度目だったので以前よりは何とかなったものの、朝イチでこの手の会議に入るといや〜な感じの汗をかいてしまい、一気に疲れてしまった。
posted by バナナマフィン at 22:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

what do you reckon?

いやー、懐かしいな。このフレーズを久々に聞いた。オーストラリア人はthinkの意味でreckonを多用する。オーストラリアにいたときは散々このフレーズを聞いていたのに最近はこんな単語があることすら忘れていた。今日会ったオーストラリア人はしゃべり方が昔のフラットメイトそっくりでそれだけでかなり感動したが、彼が電話で知り合いと話している時にこのフレーズを発しているのを聞いてまたまた感動してしまった。そうそう、それから私の中ではオーストラリア人って唇や舌を使ってブルブルとかプーとはパホッとか音を出す人が多いというイメージがあったが彼もやっぱりブーとかプホッとか音を出していたのでおかしかった。何でもかんでもno worriesで片づけるオーストラリア人に当時はイラついたこともあったが、久しぶりにオーストラリア英語に出会い、なんだかあたたかい気持ちになった。
posted by バナナマフィン at 22:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

携帯料金をどこまで下げられるか

私はドコモの携帯とiPhoneの2台持ちをしている。iPhoneを購入する前にいろいろシュミレーションをして毎月かかる固定費がどれくらいかを考えて、2台持ってもそれほど大きな差はないという結論に達したためiPhoneを購入したのが今年初め。今までの利用料金を振り返ってみた。iPhoneは毎月定額になってしまっているためドコモのほうでどれだけ金額が落とせるかが勝負になってくる。今年の半ばまでは本体価格の支払いが残っていたし、夏は海外で何度か使用したためあまり金額を落とすことができなかった。先日ようやく料金プランを変更しタイプシンプルバリューにした。これはメールし放題のプランで、通話をしなければかなり安いらしい。そして先月とうとう2000円を下回ることができた!やったー!ようやく自分が行ったシュミレーションの金額に近付いてきた。こうなるとどんどんエスカレートして、留守電機能もやめようかしら、なんて考え始めてしまう。それにしても携帯は電話として使うことがどんどん少なくなってきているのだなと改めて感じた。あとは2年拘束が切れたらiPhoneの契約を解約してWIMAXにすれば完璧。
posted by バナナマフィン at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

パワポと冠詞

以前から気になっていたことがあった。私はノンネイティブなのできちんと冠詞を使うことは非常に難しく、いつも頭を悩ませているが、パワポの資料を作る際、ネイティブが作った資料でも名詞に冠詞が付いていない場合がよくあった。これっていいのかな〜と悩みながら、でも自分が訳す時はなるべくきちんと冠詞をつけるように努力していた。先日プロジェクトのアップデートの訳を依頼された時も自分なりに冠詞をつけて訳したが、配布された完成版を見て少し驚いた。見事に全部冠詞が取っ払われていたのだ。ネイティブがチェックして配布しているわけだからそれが正しいのかもしれないけれど、でもここまで無冠詞でいいのかしら?と思い上司に質問したところ、「コンサル系の人がよくやる手法。とにかく無駄を省こうという趣旨でやっている。文法的には間違っているけれど、パワポや箇条書きの報告書ではこれでも許されることが多い。」とのことであった。ふ〜ん、そうなんだ。じゃあ次回からパワポの英訳は冠詞一切無視でいいってことよね、と思いつつでも何かイマイチ腑に落ちない私である。
posted by バナナマフィン at 21:44| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

人間辛抱だ

社内にいるといろいろある。いいこともあるし、悪いことも。嫌なことが続いて元気になれないときは仏教関係の本を読むようにしている。人生なんて苦しいことの連続で、その中にたまにいいことがあるからそれを喜べるのだし大切に思うことができるのだ、というくだりを読んで自分に言い聞かせる。東北の人に比べたらこれくらい、どうってことないよ。がんばれ、自分。
posted by バナナマフィン at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

これからの通訳者に求められるもの

最近様々な会議の中でノンネイティブの発言の通訳をする機会が益々増えてきているような気がする。インド、メキシコ、フランス、シンガポール、タイ、中国…。中には英語と認識できないくらいクセがある人もいる。逐次でも厳しいのに同通を求められるケースも多い。一番最悪なのがノンネイティブとの電話会議。先週も電話会議で同通でお願いします、と言われたが言っていることが全く分からずに本当に廃業したくなった。そして先日はもシンガポール人の英語に苦しんだ。これからの通訳者はいかにノンネイティブ対策ができているかが問われるようになるのかもしれない。でも有効な手立てがなかなかないのが何とも悩ましいところである。
posted by バナナマフィン at 08:14| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

abattoirとavatar

会議が終わった後「ね、アバターって何?」と外人に聞かれた。しまった、間違った単語を使ってしまったかしら、と思ったら私の上司が‘it's not V, but B’とすかさず助け舟を出してくれた。普通はVをうまく発音できなくてBに聞こえてしまうものだけど逆だったいうのはどうやら発音だけの問題ではなく映画の影響でパッと頭に浮かんだのがあの青い顔だったのかもしれない。それにしてもslaughterhouseではなくabattoirが思わずでてしまったところがいかにもマニアックだけれども、何故こんな単語が思わず出てきたのかよく考えてみたら数年前に狂牛病が流行した時にBBCニュースで頻繁にこの単語を使っていたのが頭のどこかに残っていたからだと思う。いつどこでどんなことが役に立つのかわからないものだ、と思う一方、わからなかった外人もいたわけだからあんまり役に立たなかったのかな、とも思う。
posted by バナナマフィン at 21:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

weとyouとの使い分け

日本人にとって人称代名詞の使い分けは本当に難しいと思う。sheとheを言い間違えてしまうなんてことは日常茶飯事だし(私は自分が混乱しそうなときは極力名前を言うようにしている。そうしないと訳しているうちに登場人物が勝手に性転換してしまう)youは一般的な人称代名詞とわかっていてもどうしても感覚的に目の前の相手を指しているような気がしてしまう。システム関係の翻訳をしていてマニュアルなど指示書で使うyouは一般的な人称代名詞だが、アプリケーションやプログラム関連のメールを訳していて、相手がプログラマーだったりすると少しややこしくなる。別にyouを使ってもいいのかもしれないけれど自分たちがテストを行った結果はこうなった、と強調したい場合はやっぱりweといいたくなる。でもまた一般的な話になるとyouに戻り、でも具体的な事例になるとweを使う、となるとだんだん訳が分からなくなり、一体誰が何をしたの?みたいになってしまうから日本側と相手側という意味を込めてweとyouを使った方がいいのかな、という結論に達した。もともと私はyouという言い方がどうしても強く感じてしまうのでweで行ける場合はなるべくweを使ってしまう傾向がある。youをもう少しうまく使えるようになればいいなと思うがこれが結構難しい。
posted by バナナマフィン at 08:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。