2011年11月26日

メモ帳のTPO

私はケチである。だからメモ帳の使い方もセコい。できれば裏紙を使いたいし、まっさらな紙だったら表も裏も使いたい。以前は社内では専ら裏紙を使用していたが、最近はコスト削減で両面印刷がデフォルトになってしまったため現在はコピー用紙をバインダーに挟んで使用している。外部のお仕事の時は普通のノートを使うことが多い。らくがき帳も試してみたが、表も裏も使用したいと思うと割と使いにくかったりする。なんだかんだいって普通のノートが一番使いやすいのかな〜と思ったりするが、普通のノートだと立った姿勢でメモをとる際にノートを開き、折り返し、こちら側とあちら側とひっくり返しながら使用するため、私のメモが相手に見えてしまうという欠点がある。ご存じの通りメモは美しくないし、私は三色ボールペンを使用しているため、それも赤から使用し始めるため、初めてみる人は赤い文字で殴り書きしてあるとギョッとしてしまうかもしれない。いや相手は通訳者のメモなんか全然気にしていないよ、という気もするがたとえば壇上でのスピーチの通訳をする場合は目立ってしまう可能性がある。でも外出先ではノートが軽いし両面使いやすいし非常に便利。でも人前に立つときは多少見栄えも気にしたほうがいいのかもしれない。メモ帳も使い分ける必要はあるのだろうか。う〜ん、難しい。
posted by バナナマフィン at 08:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無印の「らくがき帳」愛用してます。たいていのファミマで入手できるし、裏表使えるし、ウラ表紙が硬いので立ったまま使う時も便利♪
Posted by ぴいすけ at 2011年11月30日 22:44
ぴいすけさん、私もこの前MUJIのらくがき帳を買おうかどうしようか散々迷いましたが結局コクヨのノートにしました。でもまだ自分の中では確信がもてないので、しばらくはあれこれ試すことになりそうです。
Posted by バナナマフィン at 2011年12月03日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。