2011年11月16日

what do you reckon?

いやー、懐かしいな。このフレーズを久々に聞いた。オーストラリア人はthinkの意味でreckonを多用する。オーストラリアにいたときは散々このフレーズを聞いていたのに最近はこんな単語があることすら忘れていた。今日会ったオーストラリア人はしゃべり方が昔のフラットメイトそっくりでそれだけでかなり感動したが、彼が電話で知り合いと話している時にこのフレーズを発しているのを聞いてまたまた感動してしまった。そうそう、それから私の中ではオーストラリア人って唇や舌を使ってブルブルとかプーとはパホッとか音を出す人が多いというイメージがあったが彼もやっぱりブーとかプホッとか音を出していたのでおかしかった。何でもかんでもno worriesで片づけるオーストラリア人に当時はイラついたこともあったが、久しぶりにオーストラリア英語に出会い、なんだかあたたかい気持ちになった。
posted by バナナマフィン at 22:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この言い方、というか、動詞はイギリス英語なんでしょうね。映画のハリーポッターでよく耳にした記憶があります。アメリカで勉強した私には、まず使わない動詞のひとつですが。
Posted by candle at 2011年11月17日 10:07
私も使おうとしましたがなかなか使えませんでした。what do you reckon, mate?と言えれば一番それらしいのでしょうね。
Posted by バナナマフィン at 2011年11月18日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235551128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。