2011年10月29日

これからの通訳者に求められるもの

最近様々な会議の中でノンネイティブの発言の通訳をする機会が益々増えてきているような気がする。インド、メキシコ、フランス、シンガポール、タイ、中国…。中には英語と認識できないくらいクセがある人もいる。逐次でも厳しいのに同通を求められるケースも多い。一番最悪なのがノンネイティブとの電話会議。先週も電話会議で同通でお願いします、と言われたが言っていることが全く分からずに本当に廃業したくなった。そして先日はもシンガポール人の英語に苦しんだ。これからの通訳者はいかにノンネイティブ対策ができているかが問われるようになるのかもしれない。でも有効な手立てがなかなかないのが何とも悩ましいところである。
posted by バナナマフィン at 08:14| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マフィンさん、

グーグルでインド人の英語、メキシコ人の英語、シンガポール人の英語、中国人の英語などを聞くことができます。

Posted by 健 高下駄 at 2011年10月30日 14:22
私も先週、ノンネイティブ英語でどつぼにはまりました(涙)彼は書いている英語もわからない、つまり文法もアヤシイ。話すとここに発音のあやしさが加わり、単語レベルでも???なことに。ハラくくって慣れるしかないですね(笑)
Posted by ぴいすけ at 2011年10月31日 20:40
健さん、いつもコメントありがとうございます。ノンネイティブの英語対策は必要だと思ってはいるのですが、自分が彼らの発音に影響されてしまいそうで怖い気もします。

ぴいすけさん、本当にそうですね。昨日はメキシコ人でした。昨日は何とか乗り切ることができました。発音もそうですが話している内容をわかっていることも同じくらい大切だなということがよくわかりました。(guess workがしやすいですよね)
Posted by バナナマフィン at 2011年11月05日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232563565
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。