2011年10月22日

abattoirとavatar

会議が終わった後「ね、アバターって何?」と外人に聞かれた。しまった、間違った単語を使ってしまったかしら、と思ったら私の上司が‘it's not V, but B’とすかさず助け舟を出してくれた。普通はVをうまく発音できなくてBに聞こえてしまうものだけど逆だったいうのはどうやら発音だけの問題ではなく映画の影響でパッと頭に浮かんだのがあの青い顔だったのかもしれない。それにしてもslaughterhouseではなくabattoirが思わずでてしまったところがいかにもマニアックだけれども、何故こんな単語が思わず出てきたのかよく考えてみたら数年前に狂牛病が流行した時にBBCニュースで頻繁にこの単語を使っていたのが頭のどこかに残っていたからだと思う。いつどこでどんなことが役に立つのかわからないものだ、と思う一方、わからなかった外人もいたわけだからあんまり役に立たなかったのかな、とも思う。
posted by バナナマフィン at 21:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Hi Bananamuffinさん。
そんな単語が出てくるなんて、、、超すごいと思います。(IRではあまり使わないでしょうけど(笑)。)
当時、BBCニュースを見ていたのが効いたんですね。ちなみに、よく覚えてましたね−。
Posted by dantanno at 2011年10月23日 22:24
Danさん、初コメントありがとうございます!あの頃は毎日CNNとBBCを死ぬほど聞いていたので未だに覚えているのだと思います。ちなみにabattoirとcullは狂牛病セットとして記憶の中に残っております。
Posted by バナナマフィン at 2011年10月23日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。